FC2ブログ

着たいものを着るよ

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 未分類 > 成人のためのランドセルの選び方

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.12.13 Thu 成人のためのランドセルの選び方

現在流通しているランドセルにはどのようなものがあり、どのくらいの価格で、どのようにすれば購入できるかについて記す。

1. 色・形・大きさ・デザイン・機能

ポイント:手に入りやすいのは赤。サイズは融通がきかない。物はよく入るが出し入れが不便。

昨今のランドセルのカラーバリエーションはあちこちで話題になるほど多様化されている。しかし、やはり定番は赤・黒であり、それ以外ではピンク・水色・紺色が比較的多い。変わり種では、白やツートンカラー、模様柄などもごく少数ながら見られる。

形については、大きく分けて通常型・半かぶせ型・横型に分けられる。数は圧倒的に通常型が多く、半かぶせ型と横型は流通量が少ない。最近はA4のクリアファイルが入るよう対応が進んでおり、大型化の傾向がある。しかし、成人の体に合わせた特大サイズというのは見られない。

重さは700~1300グラムの幅があり、大きさの割にはかなり軽く感じられる。機能的な変化としては、肩ひもの形状が最近では背負いやすいよう変化しており(いわゆる天使のはね)、肩ひもが背中でねじれることが起きにくくなっている。

デザインはどのメーカーでもあまり大きな違いはないが、細かな飾りやステッチなどを工夫することで差別化が図られている。質感としてはつや消し加工で鈍く光るようになっているものが大多数であり、光沢加工はほとんど見られない(筆者は当時光沢加工のランドセルであった)。

小学生が毎日使用することが前提となっているため、非常に堅牢なつくりとなっており、背負った時の安定感もある。ただし、物の出し入れは背負ったまま行うことはできず、やや不便である。

素材については、クラリーノと呼ばれる人工皮革が主流である。本革の製品も扱われているが、比較的高価となる。

クラリーノについての解説と歴史 (クラレのウェブサイトより)
http://www.kuraray.co.jp/company/history/story/crarino.html

購入特典として、ランドセル本体のほかにも、レインカバー、時間割表、笛入れ、反射板などがつくことがある。


2. 購入方法と相場

ポイント:通販が品ぞろえ・価格共に選択肢が広く、おすすめである。

大きく分けて、現地での直接的な購入と通販などの間接的な購入がある。

現地での購入として、デパートや百貨店、鞄専門店に赴く方法と、フリーマーケットなどで探す方法がある。百貨店などではブランド化されている傾向があり、価格帯は30000~80000円と比較的高価である。デパートではそれよりもやや安価で、15000~50000円の間である。

筆者はフリーマーケットでランドセルを探したことはないが、おそらく中古品がメインで、価格は交渉次第ではあるがうまくいけば1000円くらいで購入できる可能性がある。

間接的な購入方法としては、ネットショッピングかオークションに大別できる。ネットショッピングでの価格帯は非常に多様であり、5000円のものもあれば、80000円のものも売られている。根気よく探すことで自分の目的のものを見つけることができる可能性は高い。

オークションでは新品・中古品いずれも購入することができる。新品のものの価格ははネットショッピングとあまり変わらず、あえてオークションで購入するメリットは高くない。しかし、いわゆるアウトレットの新古品が出回っていることがあり、新品よりも安価に購入することができる。中古品は1~数千円の間で購入することができる。しかし品質は保証できないので、使い古された感じのものを明確に選びたい場合以外は、未使用のものを選ぶことが望ましい。

インターネットで購入する場合、最も手に入りやすい色は断トツで赤色である。赤色と黒色の生産量がもっとも多いこと、男子よりも女子の方が基本的に色のバリエーションが多く選択肢がばらけること、女子が黒色を選ぶことがあっても男子が赤色を選ぶことはないこと、の理由から赤色が余ると考えられる。

3. 購入できる場所

◆楽天:http://www.rakuten.co.jp/
品揃え・価格帯共に豊富である。
◆Yahoo!ショッピング:http://shopping.yahoo.co.jp/
品揃え・価格帯共に豊富であるが、楽天とその多くが重複する。
◆Amazon:http://www.amazon.co.jp/
品揃えはあまり豊富でない。
◆Yahoo!オークション:http://auctions.yahoo.co.jp/
アウトレットや中古品は安価で購入可能である。

◆ランドセルメーカー一覧のページ
ランドセルメーカーが通販サイトを持っていることがあり、こちらからも購入することが可能である。
http://www.clarino.com/clarinoTown/showroom_maker.html


4. 購入時期

ポイント:夏にかけて来年の新作が売り出される。

購入時期やラインアップに関して、ランドセルには明確な旬があり、時期によって選択可能な種類と価格が大きく異なる。ランドセルが売り出される時期は8月~冬にかけてであり、実は8月あたりが最もラインアップとして充実している。一方、冬から春にかけてはセールとして売り出されることが多く、ラインアップは少なくなるが価格も安くなる傾向にある。

趣味・ファッション・コスプレなど、成人がランドセルを使用する機会がもっと増えてもいいと思う。

Comments

name
comment
: 管理人のみ閲覧できます

# 2012.12.17 Mon 00:51

このコメントは管理人のみ閲覧できます

sutible : URL Re: タイトルなし

#DJ3cFDu2 Edit  2012.12.18 Tue 20:45

>匿名の方
忌憚なきご意見ありがとうございます。
ご参考までに、あなたの考えておられる美がどのようなものか教えていただければありがたく思います。

comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。