FC2ブログ

着たいものを着るよ

Home > スポンサー広告 > スポンサーサイトHome > 未分類 > 女装のはじめかた、すすめかた

--.--.-- -- スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012.10.05 Fri 女装のはじめかた、すすめかた

あくまで私の体験談から得た類型の一つであり、必ずしも一般的でない場合があるので注意。
目標を女装外出とし、そのために必要な条件とその達成方法について概説する。

1. 前提
2. アンダーウェア
3. 衣類
4. ウィッグ
5. メイク
6. 女装外出

1.前提

 最も大切なのは、女装を楽しむことである。短期的に辛かったり苦しかったりすることはあっても、それがずっと続くようであり、原因が女装をすることにあるようであれば、続けるべきではない。そして女装を楽しむためには、自分が本当に望んでいることをはっきりさせ、それを満足できるような形で実行し、進歩があるとわかるような形でフィードバックするということが大事である。

2. アンダーウェア

 いわゆるブラジャー・パンティ・ソックスやタイツなどレッグウェアのことである。服を着ているときには見えることはなくてもやはり重要なものであり、人によってはこれ単体で楽しむこともできる便利なものでもある。いずれもサイズはかなり融通が利くので、購入するのはごく簡単である。

 デパートに行けば購入できるし、店頭で購入するのがためらわれる場合は通販を利用するのがよい。100均で購入できるものから数千円するブランド物まである。ブラジャーを選ぶ際は、男性は胸があまりないので、あまり質にこだわる必要はないのではないかと思う。サイズについては、アンダーバストの数字を確認し、自分の胸囲と一致するアンダーバストのものを購入するのがよい。

 カップについては基本的に好みのものを選べばよいのだが、あまり大きいカップのものを選ぶと、サイズの合う衣類の選択肢が減るし、全体としてのバランスが悪くなる(上半身が大きくなる)ので注意する。こだわりがなければ、着脱の容易なキャミソール型のものをお勧めする。

3. 衣類
 
 女装を前提とした場合、衣類には基本的に二つの路線があると考えている。一つは私服、もう一つはコスプレまたはそれに準ずるものである。後者は上から下までセットのオールインワンで購入することが可能なケースが多く、そういった面で導入の敷居は低い。こういったコスプレ衣装については、LOFTやドンキホーテ、通販などで購入可能である。

 私服については、後者とは違いコーディネートのバリエーションに富んでおり、基本的にはそれを自分で組み立てる必要があるため、各個人のセンスが問われる。選ぶに際し、まずは方向性を決めることが重要である。派手なもの、地味なもの、露出の多いもの、少ないもの、体のラインが表れるもの、隠れるもの、などの方向性がある。女性ファッション誌を参考にするのがよい。

 女性らしさを演出するためにはポーズだけでなく男性の特徴を隠すためのいくつかの工夫が必要となる。男性は上半身が大きいので、下半身をフワッとした衣類で隠す、ひじ、肩、膝などの関節が目立つのでその部分が隠れるようにする、などである。こういった点からおすすめなのはマキシ丈のワンピースである。

 特に選ぶのが難しいものは靴である。店売りされている靴は最も大きいもので25cmくらいであり、それよりも大きいサイズとなると、選択肢が一気に狭まる。場合によっては通販で購入するしか選択肢がない場合があり、通販で購入する場合は現物の試着ができないケースが多いので、さらに選ぶのが難しい。

4. ウィッグ

 長さ・色・形によって印象がガラッと変わるアイテムである。ウィッグ専門店で購入するのがよい。価格は1000円くらいから数万円するものまでさまざまである。質については、個人的な感覚では5000円が目途であり、わざわざ数万円のものを購入する必要はないと思う。自分の顔の輪郭やパーツの配置によっても相性が異なるので、一概にどのタイプのものがよいかは言うことができない。

 ある程度ははずれを引くのを覚悟の上で、相性の良いものを見つけていく必要がある。ウィッグの長さとメンテナンスの容易さは反比例する。適切なメンテナンスを行えば長い間使用することができる。

5. メイク

 男性が女性を装うためには、メイクは必要不可欠かつ極めて重要である。自分の思い通りにメイクをすることができるようになるためには、かなりの練習と勉強が必要となる。また、どのようなものを購入するのがよいのか、どのように使えばいいのかが感覚的にわかりにくく、男性が堂々とメイク道具を所有して持ち歩くということはやりにくいので、なかなか上達しない一面がある。

 メイクを上達させるためには、継続した練習が必要であり、継続させるためには外出を行うべきであると考える。女性ファッション誌にはメイク指南コーナーが必ずあるので、これらを参考にするのがよい。また、最初から高価な化粧品を購入するのではなく、100均や1000円以内を目安とした安価な化粧品から始めるほうがよい。最初から高価なものを購入しても、使いこなすことはできない。

 メイクを日常的にするようになってくると、女性のメイクに対するこだわりや苦労などを理解することができるようになる。

6. 女装外出

 服装とメイクとアクセサリのトータルのバランスが問われる。女装外出を継続して行うためには、あの人のようになりたい、とか、女性として見られたい、といった楽しみまたは目標が重要である。また、本屋に行って本を買ってくる、喫茶店に行ってお茶をしてくる、カラオケに行く、といったタスクを自分に課すというのも有効な手段である。

 最も重要なのは何といっても度胸である。最初の一回、しかも最初の10分さえ乗り切れば、あとは慣れで何とかなるものである。街中の人は、自分が気にするほどには自分を見たりはしていない。堂々としておくのが一番である。

 外出に慣れてきたら、イベントなどに参加するのもいだろう。女装外出を続けるうえで、よい刺激になることが多い。ブログやSNSなどで交流をするのも良い。

Comments

name
comment
ALT : URL

#ZorByAzw Edit  2012.10.06 Sat 22:24

ここまで本格的だと「趣味女装」というより「女装道」ですね。
「楽しむ」「堂々とする」「目的を持つ」女装に限らず
おめかしして外出するために重要なことだと私も思います。

sutible : URL Re: タイトルなし

#DJ3cFDu2 Edit  2012.10.24 Wed 00:13

>ALTさん
そうかもしれませんね。趣味にしろ楽しみながらもこだわりを持ってその質を向上させていくことが、長く続けるためのコツであると思います。

comment form
(編集・削除用) :
管理者にだけ表示を許可
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。